都営 地下鉄。 なぜ東京には東京メトロと都営地下鉄、二元体制なのか?<東京地下鉄100年史>

地下鉄 都営 地下鉄 都営 地下鉄 都営

- 東京市電気局初代局長• 3 都営地下鉄: E-07 東京地下鉄: 丸ノ内線・ 南北線(後楽園駅:M-22・N-11) I-13 1. 当初はが事業者となり、建設および開通後の営業を担当する予定であった。

9
(昭和63年)• 営団地下鉄7番目の路線。 加えて、前掲書213ページでは、東京6号線のルートを目黒 - - - - E - B - C - F - 中山と断定的に記している。
地下鉄 都営 地下鉄 都営 地下鉄 都営

いずれも同年3月16日に完成または運用開始 )を「経営一元化への一里塚」と位置づけた。 3 km はと線路(施設)を共用しており、が、東京都交通局がとなっている。

1
建設費用は6,628億8,100万円と見積もられていた。 都営地下鉄他路線に接続している駅にはすべて停車するが、2駅以上に連続停車はせず、やなどの主要駅を含め、東京メトロなど他線と接続する一部の駅も急行は通過する。
地下鉄 都営 地下鉄 都営 地下鉄 都営

(昭和14年)• - 東京高速鉄道株式会社が虎ノ門 - 新橋間を開業。 いずれも東京メトロまたは都営地下鉄と直通運転を行っている。 全線開業日として12揃いのこの日が選ばれたのは、この路線が「12号線」であることに因む。

17
2017年2月19日閲覧。 東京都交通局『大江戸線放射部建設史』pp. 総武線の御茶ノ水~両国間が開業しました。
地下鉄 都営 地下鉄 都営 地下鉄 都営

各社が都心延伸申請を行う中、西武鉄道だけは都心延伸への動きがなかった。 1965~1969年 概要 東西線、都営地下鉄線(現:浅草線)が全線開通します。 副都心線開業前は先行開業していた小竹向原駅 - 新線池袋駅(現・池袋駅)間をとして営業していた。

10
千代田線 霞ヶ関~代々木公園 延伸開業。
地下鉄 都営 地下鉄 都営 地下鉄 都営

白丸発電所 組織 [ ]• また、沿線人口が増え、都心乗り入れを図る各私鉄会社は、後に国鉄内側に至る地下路線(既存自社路線の延伸として)の免許を相次いで申請した。 浅草線の分岐線が - - で計画されていた(ともいわれる)が、これはの計画に変更した。 8 km A 三田線のうち、目黒駅 I 01 - I 03 について、東京都交通局が、東京地下鉄がとなっている。

5
「 [ ]」東京都交通局(2006年3月24日)。
地下鉄 都営 地下鉄 都営 地下鉄 都営

(以内のバス路線)• ただし、発売額は以前の「都電・都バス・都営地下鉄一日乗車券」と同額で、2008年3月29日以前に発売された前売り券でも日暮里・舎人ライナーの利用が可能だった。

13
都営地下鉄で唯一未開催路線である。 1950~1954年 概要 それまで営団地下鉄で唯一だった路線が、「銀座線」という名前に決まり、第2の路線である「丸ノ内線」の一部が開業しました。