細田 守 作品。 細田守監督の歴代映画作品一覧

守 作品 細田 守 作品 細田 守 作品 細田

主人公の女子高生・紺野真琴は、ある日偶然立ち入った理科準備室で、不審な人影を目撃。 1999年 『』(20話・22話、橋本カツヨ名義)• 製作期間で割るとひと月10万円以下だったため、生活は苦しく、他の仕事を掛け持ちして何とか乗り切った。 賑やかな親戚の面々に気圧されながら、必死に「フィアンセ」の大役を果たそうと奮闘するのだった。

11
「」は、今夏に全国東宝系で公開。 でを日本人初で受賞した。
守 作品 細田 守 作品 細田 守 作品 細田

その一方で、最終的に大事にしないといけないものは変わらないのではないかとも思っています。

8
彼が手がけた劇場版『ゲゲゲの鬼太郎 幽霊電車3D』は、テストで赤点を取ってしまった少年が過去に戻れる幽霊電車に乗って旅をする、というストーリー。
守 作品 細田 守 作品 細田 守 作品 細田

今回の続報では、『竜とそばかすの姫』のストーリー概要が公開。 私たちが代々受け継いできたものは、世の中が変化し、ツールや常識が変化しても受け継がれていくもの。 第10回(平成18年度)大賞• 「夏の風景と仮想空間の対比、小気味よいバトルアクションシーンなど、監督が培ってきたものが凝縮された一本。

16
7、フリースタイル社) - 特集・細田守より。
守 作品 細田 守 作品 細田 守 作品 細田

第4回日本シアタースタッフ映画祭 グランシャリオ賞(邦画部門1位) 監督賞• 背景の美しさやカメラワークも素晴らしく、トップクラスのアニメーターを集めて、表現的にも次のフェーズに入った作品といえます」 2015年『バケモノの子』 孤独な少年・九太とバケモノの熊徹は、生活を共にして絆を深めながら、お互いに成長していく。

永遠に続くと思われた日々が突然奪われる。
守 作品 細田 守 作品 細田 守 作品 細田

絶体絶命の太一。

10
細田監督のコメントによれば、こうした「大家族」「アクション」といった要素を備えた映画は、当時は意外に少なかったのだとか。 こんにちは! 皆さんは細田守監督をご存知でしょうか? 勿論知っているからこそこの記事を見ているのだと 思います 笑• ある日、甘えん坊のくんちゃん(4歳)に生まれたばかりの妹がやってきます。
守 作品 細田 守 作品 細田 守 作品 細田

細田守は映画の脚本が下手 そのほかによくあがる意見として、映画の脚本が下手という意見がありました。 とやま賞 サマーウォーズ [ ]• テーマ:青春の恋愛• 2012年8月24日閲覧。 1997年 『』(7話・14話・20話・23話・29話・33話・39話・劇場版、 橋本カツヨ名義)• 実はこの話、細田守監督の5歳になる長男の 「夢で大きくなった妹に会ったよ!」という話が きっかけで誕生した映画だそうです。

10
主人公は、疎化が進む高知の田舎町で父と暮らす17歳の女子高生・すず。 (原画)• (原画)• ミサイルが爆発するまで10分しかない。
守 作品 細田 守 作品 細田 守 作品 細田

」では、兄妹を夫婦に見立てた、兄妹間の官能的な性質も帯びた情愛という複雑なテーマにも挑戦した。 NTTの電話回線を制圧し、太一たちがインターネットにアクセスできないようにしてしまう。

20
時をかける少女• それは、自分に自信がなかった健二が、夏希先輩の家族の協力もあってOZの事件を自身の力で解決させようと奮闘する名場面。