川崎 市 ハザード マップ。 川崎市が「内水氾濫ハザードマップ」公表 浸水の深さ、一目で(カナロコ by 神奈川新聞)

市 マップ 川崎 ハザード 市 マップ 川崎 ハザード 市 マップ 川崎 ハザード

3,842• 加えて平成29年には、神奈川県が公表した相模トラフ沿いの最大規模の地震による津波を想定し、市内の津波ハザードマップを更新しています。 水防法改正にともなう洪水ハザードマップの変更点 改正前と改正後の洪水ハザードマップは、次の点が大きく異なります。 同市内の浸水被害を巡っては、2019年10月の台風19号による記録的大雨で多摩川の水位が上昇、雨水が排水管を逆流して広範囲が冠水した。

8
洪水ハザードマップは (問い合わせ先:建設緑政局道路河川整備部河川課 044-200-3561)• 同局は「内水氾濫時の状況を確認し、いざという時は適切な行動で大切な命や生活を守ってほしい」と活用を呼び掛けている。
市 マップ 川崎 ハザード 市 マップ 川崎 ハザード 市 マップ 川崎 ハザード

ハザードマップは「川崎区・幸区・中原区・高津区・宮前区・多摩区・麻生区」の行政区ごとに作られています。

19
防災は、思い立ったときがはじめるチャンスです! 多くの人が集まる川崎市は、特に防災への取り組みが求められる地域です。 川崎市防災情報ポータルサイトはこちら: 2. 2日における「鶴見川」の総雨量404mm…150年に一度の確率 [改正後] 改正後は、想定しうる最大限の降雨量を基準に、洪水被害を想定しています。
市 マップ 川崎 ハザード 市 マップ 川崎 ハザード 市 マップ 川崎 ハザード

津波ハザードマップは、相模トラフ沿いの最大クラスの地震がおきたときを想定していて、津波の危険性を考えるうえで参考になります。 3月に市内の自主防災組織、6月に市内全戸に配布予定。 津波ハザードマップの入手方法 川崎市の津波ハザードマップは、下記の参照URLからダウンロードすることができます。

「川崎市防災情報ポータルサイト」や「かわさき防災アプリ」「メールニュースかわさき」など、いろいろな方法があります。 【ハザードマップの使い方】 自宅の場所を探す。
市 マップ 川崎 ハザード 市 マップ 川崎 ハザード 市 マップ 川崎 ハザード

防災情報の面には、「我が家の防災メモ」を書き込めるページや、災害時にはどう行動すればいいかが、わかりやすく載っています。

日本語に不安のある方も、防災情報を確認しやすい環境となっています。 決して大きな揺れではなかったのですが、地震発生から80分後には、最大3mの津波が発生しています。
市 マップ 川崎 ハザード 市 マップ 川崎 ハザード 市 マップ 川崎 ハザード

避難場所を探す。 平成25年に作成されたのち、平成29年に最新情報に更新されています。

1
避難方法、避難するときに気をつけたいこと、非常時の持ちものリストなどが、イラストや図でわかりやすく示されています。 ほかに、神奈川県のホームページでは、神奈川県洪水浸水想定区域図が閲覧できます。
市 マップ 川崎 ハザード 市 マップ 川崎 ハザード 市 マップ 川崎 ハザード

防災グッズとして備えておくと、安心ですよ。 「備える。

関東地方や甲信地方、東北地方などで記録的な大雨となり、甚大な被害をもたらした。 マップは1時間に153ミリの最大規模の雨が降った場合を想定し、浸水深を「20センチ未満=道路冠水相当」(黄色)、「50センチ~1メートル=大人の腰まで」(青色)、「2メートル以上=1階の軒下以上」(赤色)といった5段階に色分けした。
市 マップ 川崎 ハザード 市 マップ 川崎 ハザード 市 マップ 川崎 ハザード

川崎市洪水ハザードマップはこちら: 洪水ハザードマップには、「防災情報」と「浸水想定範囲」がそれぞれまとめられています。 川崎市で宅地の購入を検討されている方はもとより、すでに市内に地を購入した方も、万が一の際の避難場所を確認しておきましょう。

浸水想定エリアは市全域の約15%。
市 マップ 川崎 ハザード 市 マップ 川崎 ハザード 市 マップ 川崎 ハザード

Windows OSをご利用で、JavaScript(アクティブスクリプト) を無効のまま色の変更をする場合には、コントロールパネルの「ユーザ補助のオプション」(Vista以降のバージョンでは「コンピュータの簡単操作センター」)の設定で、ディスプレイ全体の色合いを変更してください。 ハザードマップの使い方が順序に沿って解説されているので、親子で防災について考えたいときに参考になりますよ。 市ウェブサイトで公開するとともに、15日から各区役所などで配布する。

この見直した津波浸水予測図を基に、5つの地震を対象として「浸水域」と「浸水深」が最大となるよう重ね合わせた「津波浸水想定図」を設定・公表し、津波対策に取組んでいます。