新型 コロナ 5g。 新型コロナウィルスの原因は5G!?両者の驚くべき関係性に迫る【都市伝説】

コロナ 5g 新型 コロナ 5g 新型 コロナ 5g 新型

そのような主張の中には、たとえば、今広がっているのは実はコロナウイルスではなく、5Gの電波による人体の中毒症状や免疫不全などだというものがある。 「通信インフラの破壊は救急・医療活動に支障を来す」と警告しました。

18
陰謀論はフェイクニュースか 5Gと新型コロナウイルスを関連づける陰謀論は、YouTubeやFacebookといったSNS上で拡散されており、その影響で英国では複数の放火事件など実際の被害が発生しました。
コロナ 5g 新型 コロナ 5g 新型 コロナ 5g 新型

人間のモデレーターらがとなった今、YouTubeやその他のソーシャルプラットフォームはこれまで以上にAIに依存している。

3
米国でのマスク着用のように、今まで「不要」とされていたものが突然「必要」とされることもある。
コロナ 5g 新型 コロナ 5g 新型 コロナ 5g 新型

総務省は4日、2020年版の情報通信白書を公表した。 5段階[グループ 1(十分に発がん性あり)・2A(おそらく発がん性あり)・2B(発がん性が疑われる)・3(発がん性物質として分類できない)・4(おそらく発がん性がない)]ある発がんリスクのうちの「グループ2B」であるとしている。

2
蒸発したサービス消費分を補うためにも、巨額のインフラ投資が実施されるだろう。
コロナ 5g 新型 コロナ 5g 新型 コロナ 5g 新型

武漢での致死率が4%にも達しているのも主にそれが原因です。 傘下に携帯電話会社EEを擁する英通信大手BTのCEO、フィリップ・ジャンセン氏は、39人のEEのエンジニアが、デマを信じる人物たちから暴行、誹謗中傷などの攻撃を受けており、その中には殺害の脅迫も含まれている、と訴える。 企業も5Gに期待を寄せており、デジタルトランスフォーメーションと関連づけているところも多いとのことだ。

10
先日、元世界王者の人気プロボクサーで実業家でもあるアミール・カーンが、この陰謀論の根拠となる話や動画などをまとめてSNSに投稿、「僕は中国が発生源とは思っていない。 そして、皆さんで協力し合いこの難局を乗り越えていけたらと切に願います。
コロナ 5g 新型 コロナ 5g 新型 コロナ 5g 新型

この種の陰謀を共有するアカウントは、反ワクチン、平らな地球、ケムトレイルに関して誤った情報を主張するアカウントと重なっている。

3
一生ウイルス残る などのデマが公表されていますが、この中に「 新型コロナウイルスは5Gが拡散している」という情報も公表されています。 首都北京でも基地局の整備が進められており、5Gサービスエリアは徐々に広がっている。
コロナ 5g 新型 コロナ 5g 新型 コロナ 5g 新型

さらに元WBA&IBF世界Sライト級王者アミール・カーンがインスタグラムの動画で 「新型コロナウィルスは5Gタワーに関係ある。 こうした話が出るのは、新型コロナウイルスに謎が多いことも一因だ。 これが組織的キャンペーンでボットのアカウントなどが使われている可能性がある、とブルームバーグの取材で述べている。

12
最近は数が減ったが、5月中旬には都市部で数千人規模にもなった。
コロナ 5g 新型 コロナ 5g 新型 コロナ 5g 新型

中国政府の明らかな隠ぺい体質もまた「公式発表」のうさん臭さを強めている。 The roll out of 5G and the map…. スマートシティやスマート農業により、公共サービスでは6. また、 英国のiNewsは、ふたつの関連性を科学的に真っ向から否定。 3月中頃までは、みんな制限なく普通に生活をしていて、 感染者数も死亡数も、ある程度持ちこたえていたのに 5G開始日を境に、コロナ感染数が増加しているのは、 単なる偶然でしょうか? なぜ、2月3月は感染する人が少なかったのでしょうか? もし、5Gとコロナに関連性があるとすれば、地方ではまだ5Gを使える所が少ないので、東京や大阪ほど急激に感染拡大しないかもしれません。

中国に関しては、あらゆる警告を完全に無視し、他のどの国よりも早く5Gを導入した。
コロナ 5g 新型 コロナ 5g 新型 コロナ 5g 新型

5G展開図とコロナ感染図の一致のみを根拠としている 「5Gが新型コロナウイルスを拡散した」という主張の根拠になっているのは、世界の5G展開図と、コロナ感染図が一致しているという情報のみです。 イギリス政府は噂について「ばかげている」と非難をし、感染拡大との因果関係を否定。

12
そのような主張の根拠として、中国で初の5Gサービスが始まった武漢で感染が始まった、欧州では5Gサービスが始まった国で特に感染者が多いなどの事例が挙げられている。