奥山 に もみじ 踏み分け 鳴く 鹿 の 声 聞く 時 ぞ 秋 は 悲しき。 【百人一首】5番歌「奥山に 紅葉ふみ分け なく鹿の 声きく時ぞ 秋は悲しき」の意味などを解説!

声 鳴く 奥山 に もみじ 悲しき ぞ の 時 は 鹿 聞く 踏み分け 秋 声 鳴く 奥山 に もみじ 悲しき ぞ の 時 は 鹿 聞く 踏み分け 秋 声 鳴く 奥山 に もみじ 悲しき ぞ の 時 は 鹿 聞く 踏み分け 秋

おっしゃる通り万民(大多数民)が農耕生活だった時代、秋は収穫の喜びに沸き、祭りのドンチャン騒ぎで最高潮に達し、その後(宴の後)厳しい冬が近づくにつれ段々暗い気持ちになっていった。

12
そこに猿丸太夫が墓あり」と記されています。 11月も半ばですので、見ご ろを過ぎている場所もありますが、まだまだ12月まで美しい紅葉 が堪能できそうです。
声 鳴く 奥山 に もみじ 悲しき ぞ の 時 は 鹿 聞く 踏み分け 秋 声 鳴く 奥山 に もみじ 悲しき ぞ の 時 は 鹿 聞く 踏み分け 秋 声 鳴く 奥山 に もみじ 悲しき ぞ の 時 は 鹿 聞く 踏み分け 秋

五 奥山に 紅葉踏み分け 鳴く鹿の 声聞く時ぞ 秋は悲しき 【出典】『古今集』秋上・二一五 是貞親王の歌合の歌 【現代語訳】さみしい奥山で、一面に散った紅葉を踏み分けて妻を慕って鳴く鹿の声を聞く時こそ秋は悲しいという思いが、ひとしお身にしみて感じられることだ。 利用料は 月額980円ですが、申し込み後1ヵ月間は無料なので、その間にお好きな本を読むのがおすすめです。 道真が仕えていた宇多天皇の吉野宮滝御幸に従った折、道真の故郷である奈良の手向山の神に、今回は旅の中だから幣の代わりとして紅葉を捧げます、神よ、お心のままにお受け下さいと歌ったものです。

6
まさに季節の変化は激しく、一月前までの暑さが嘘のような秋の深まりが感ぜられます。
声 鳴く 奥山 に もみじ 悲しき ぞ の 時 は 鹿 聞く 踏み分け 秋 声 鳴く 奥山 に もみじ 悲しき ぞ の 時 は 鹿 聞く 踏み分け 秋 声 鳴く 奥山 に もみじ 悲しき ぞ の 時 は 鹿 聞く 踏み分け 秋

でもこの歌に関しては解りやすいですね。 新聞社見学ですか。 正体は、山鯨を食べさせるお店なのだ。

しかし 「もみぢ踏みわけ」ているのが人だと言われるとまるで 「人面鹿」のようなイメージが浮かぶので、ここでは直感的に感じられる鹿を主体として見ておきたい。
声 鳴く 奥山 に もみじ 悲しき ぞ の 時 は 鹿 聞く 踏み分け 秋 声 鳴く 奥山 に もみじ 悲しき ぞ の 時 は 鹿 聞く 踏み分け 秋 声 鳴く 奥山 に もみじ 悲しき ぞ の 時 は 鹿 聞く 踏み分け 秋

全体では「(そういう時は他にもいろいろあるけれど)鹿の鳴き 声を聞くときは、とりわけ秋が悲しく感じる」という意味です。

7
これも江戸っ子らしい洒落の効いた表現だ。 猿丸大夫に関する伝説は日本各地にあり、芦屋市には猿丸大夫の子孫と称する者がおり、堺にも子孫と称する者がいたという。
声 鳴く 奥山 に もみじ 悲しき ぞ の 時 は 鹿 聞く 踏み分け 秋 声 鳴く 奥山 に もみじ 悲しき ぞ の 時 は 鹿 聞く 踏み分け 秋 声 鳴く 奥山 に もみじ 悲しき ぞ の 時 は 鹿 聞く 踏み分け 秋

百人一首にも二首があります。

初めに触れた額田王のように、春の花にも負けない明るい艶やかさや豪華さを紅葉から受け取って賛美する一方で、例えば、柿本人麻呂の、 〈真草刈る荒野にはあれど黄葉(もみちば)の 過ぎにし君が形見とぞ来し〉 のように、黄葉が散ることを「過ぐ」と表して、人の死を示唆する詠み方まで様々です。 今回はメランコリーの一首です。
声 鳴く 奥山 に もみじ 悲しき ぞ の 時 は 鹿 聞く 踏み分け 秋 声 鳴く 奥山 に もみじ 悲しき ぞ の 時 は 鹿 聞く 踏み分け 秋 声 鳴く 奥山 に もみじ 悲しき ぞ の 時 は 鹿 聞く 踏み分け 秋

嵐吹く 三室の山の もみじ葉は 竜田の川の 錦なりけり 能因法師 奥山に もみじ踏み分け 鳴く鹿の 声聞く時ぞ 秋は悲しき 猿丸太夫 和歌では「山の奥にも 鹿ぞなくなり」なんてありますが、今では山奥で無くても鹿がうろつきます。

7
さらにこの歌は、秋を美しく彩る「紅葉」が地面いっぱいに散り拡がった情景を表現しています。 その声を聞くととりわけ秋の悲しさが感じられるよ () 【こんなアプリいかがでしょう】 紅葉に鹿・・・とくれば、私には「花札」のデザインが思い出されます。
声 鳴く 奥山 に もみじ 悲しき ぞ の 時 は 鹿 聞く 踏み分け 秋 声 鳴く 奥山 に もみじ 悲しき ぞ の 時 は 鹿 聞く 踏み分け 秋 声 鳴く 奥山 に もみじ 悲しき ぞ の 時 は 鹿 聞く 踏み分け 秋

『古今集』では、紅葉の歌群(晩秋)ではなく、萩の歌群(仲秋)に位置しています。

奥山に紅葉を踏み分け入りて鹿の声を聞いていると読めるのだが。
声 鳴く 奥山 に もみじ 悲しき ぞ の 時 は 鹿 聞く 踏み分け 秋 声 鳴く 奥山 に もみじ 悲しき ぞ の 時 は 鹿 聞く 踏み分け 秋 声 鳴く 奥山 に もみじ 悲しき ぞ の 時 は 鹿 聞く 踏み分け 秋

万葉集の鹿の和歌 参考 万葉集の鹿を詠んだ歌端68首あるとされています。

1
仮名垣魯文の『安愚楽鍋 あぐらなべ 』には、牛鍋店で語り合う人々の世相が生き生きと描かれている。