源氏 物語 須磨 の 秋 現代 語 訳。 源氏物語須磨の秋品詞分解現代語訳助動詞敬語(2/11ページ)

現代 訳 秋 語 の 須磨 物語 源氏 現代 訳 秋 語 の 須磨 物語 源氏 現代 訳 秋 語 の 須磨 物語 源氏

お仕えする、(貴人の)お側にお仕えする。 これくらいでいいですか?. またなく=ク活用の形容詞「またなし」の連用形、またとない、二つとない あはれなる=ナリ活用の形容動詞「あはれなり」の連体形。 沖のほうを幾つもの舟が(舟歌を)大声で歌って漕いで行くのなども聞こえる。

」 と言ふ。
現代 訳 秋 語 の 須磨 物語 源氏 現代 訳 秋 語 の 須磨 物語 源氏 現代 訳 秋 語 の 須磨 物語 源氏

(都にいる)あの方もこの方も(この月を)眺めていらっしゃるだろうよと思いなさるにつけても、月の面ばかりをじっと見つめていらっしゃる。 動作の主体である光源氏を敬っている。

6
民部大輔 みんぶのたいふ、 民部大輔(惟光)は、 心から常世 とこよを捨ててなく雁を雲のよそにも思ひけるかな 自分の意思で(故郷の)常世の国を捨てて鳴いている雁を、(今までは)雲のかなたのよそごとと思っていたことでした。
現代 訳 秋 語 の 須磨 物語 源氏 現代 訳 秋 語 の 須磨 物語 源氏 現代 訳 秋 語 の 須磨 物語 源氏

) いやもう、どうにかして(私の本心を)お見せしたい。

1
平安以前では「可能」の意味の時は下に「打消」が来るということだが、下に「打消」が来ているからといって「可能」だとは限らない。
現代 訳 秋 語 の 須磨 物語 源氏 現代 訳 秋 語 の 須磨 物語 源氏 現代 訳 秋 語 の 須磨 物語 源氏

」 とお思いになると、かわいそうでたまらなくて、 「まったくこのように自分が思い沈んでいる様子を(見せたら)、心細いと思っているだろう。 夜が明けると、浜辺に「明石入道(あかしのにゅうどう)」が乗った船が現れました。

10
)あの夜、帝がたいそうなつかしく昔の話などをなさったご様子が、(亡き父)桐壷院に似ていらっしゃったことも、なつかしくお思い出し申しあげなさって、「恩賜の御衣は今ここにあり。 入道の宮(=藤壺の宮)が、「霧が 隔 へだ てたのだろうか。
現代 訳 秋 語 の 須磨 物語 源氏 現代 訳 秋 語 の 須磨 物語 源氏 現代 訳 秋 語 の 須磨 物語 源氏

」と聞こゆれど、なほ入り給はず。 みな慰めにけり・・・すっかり慰めてしまった。

9
入道の宮 出家している藤壺の宮を指す。
現代 訳 秋 語 の 須磨 物語 源氏 現代 訳 秋 語 の 須磨 物語 源氏 現代 訳 秋 語 の 須磨 物語 源氏

係り結び。 雷の鳴り(稲妻の)ひらめくありさまは、なんとも(言葉で)言いようもなくて、(頭上に)落ちかかったと思われるので、(源氏のおそばに)いる者すべて正気の人はいない。

海見やらるる廊・・・海が自然に見渡される廊。 なつかしう=シク活用の形容詞「懐かし(なつかし)」の連用形が音便化したもの、親しみが感じられる、親しみやすい。