中央 線 路線 図。 中央本線の運賃・路線図・時刻表

路線 図 線 中央 路線 図 線 中央 路線 図 線 中央

中野駅においては案内の統一などは行われていない。

今日の塩尻駅は画像上部の側に設置され、東線と西線はハの字に分岐している(図1参照)。 ただし、国分寺駅西側から国立駅東側までは掘割であり、既存線に並行して複々線を設置する用地もある。
路線 図 線 中央 路線 図 線 中央 路線 図 線 中央

青梅線に直通し国分寺駅を通過する「青梅特快」が運行開始。

5
沿線概況 [ ] 東京駅 - 高尾駅間 [ ] 「」も参照 起点の東京駅を北に出発し、神田駅でなどと分かれて一路西へと向かい、の東端の谷にある御茶ノ水駅で支線と合流。 冊子の時刻表でも「東京・高尾間快速」などと注記されている。
路線 図 線 中央 路線 図 線 中央 路線 図 線 中央

再び武蔵野市に入り、左手のを過ぎるとに到着する。

16
通勤特快 [ ] (平成5年)4月10日より、遠距離利用の速達化および遠距離・近距離利用客の分離を目的として、平日朝の上り東京行のみ設定されている種別である。
路線 図 線 中央 路線 図 線 中央 路線 図 線 中央

この計画と同時に - 御茶ノ水駅間も高架鉄道として建設され、は東京駅発着の電車を急行電車として運行することとなり、各駅に停車する電車は一部の時間帯に総武本線へ乗り入れることとなった。 乗換路線• 上記の区間のうち、高尾駅 - 大月駅間では駅ナンバリングの導入に合わせて「オレンジ」と「青」の両方を表記したに概ね統一されているものの、立川駅 - 高尾駅間に青を使用した駅名標はない ほか、大月以西でオレンジ帯のが定期列車で乗り入れることのない、ではオレンジのみを用いた駅名標が用いられており、統一性がない状態であったが、2020年の初狩駅 - 小淵沢駅間の駅ナンバリング導入に伴い青を用いたものに交換が行われた。

8
:松本車両センター所属• 民営化された1987年(昭和62年)4月1日時点では、特別快速は日中のみ設定されていた。 高尾駅での列車番号・種別の変更はなく、立川駅 - 高尾駅間も「普通」のまま運転する。
路線 図 線 中央 路線 図 線 中央 路線 図 線 中央

本州3社内の幹線の普通運賃表 (有効期間1日) 営業キロ (運賃計算キロ) 片道運賃 (基準額) 1から3キロ 150円 4から6キロ 190円 7から10キロ 200円 11から15キロ 240円 16から20キロ 330円 21から25キロ 420円 26から30キロ 510円 31から35キロ 590円 36から40キロ 680円 41から45キロ 770円 46から50キロ 860円 51から60キロ 990円 61から70キロ 1,170円 71から80キロ 1,340円 81から90キロ 1,520円 91から100キロ 1,690円 電車特定区間の普通運賃表 (有効期間1日) 営業キロ 東京 大阪 1から3キロ 140円 130円 4から6キロ 160円 160円 7から10キロ 170円 180円 11から15キロ 220円 220円 16から20キロ 310円 310円 21から25キロ 400円 400円 26から30キロ 480円 470円 31から35キロ 570円 560円 36から40キロ 650円 650円 41から45キロ 730円 730円 46から50キロ 820円 810円 51から60キロ 940円 940円 61から70キロ 1,100円 1,100円 71から80キロ 1,270円 1,270円 81から90キロ 1,450円 1,440円 91から100キロ 1,610円 1,610円 山手線内・大阪環状線内の普通運賃表 (有効期間1日) 営業キロ 山手線内 大阪環状線内 1から3キロ 140円 130円 4から6キロ 160円 160円 7から10キロ 170円 180円 11から15キロ 200円 200円 16から20キロ 270円 260円 中央本線の路線図と時刻表 中央本線の路線図や時刻表は、ダイヤ改定に合わせて定期的に出版されている「JTB時刻表」などの市販の時刻表から調べることができます。

甲斐大和駅 - 間の下り線は2月に新しいトンネル経由の新線へ切替えられた。
路線 図 線 中央 路線 図 線 中央 路線 図 線 中央

種別カラーは黄色であったが、下り列車はE233系電車では三鷹駅以西で種別表示を取りやめていた。

16
H4編成はさよなら運転のイベントのみの運用となり、H7編成はしばらく運用がなかったが、E233系の1編成が事故により運用を離脱したことで、運用不足を補うため4月後半に再び定期運用に復帰し、さよなら運転のイベントを除いて毎日運用され続けた。