古本 説話 集。 【歌詠みの系譜】古本説話集9話に紫式部と伊勢大輔の魂の交感を見た

集 古本 説話 集 古本 説話 集 古本 説話

『古本説話集』がそれです。 「今度こそこれまでか。 」と言っても「だめだ。

思いがけなく持って来た出来事は、この仏様のなされたことだったのだ。 驚いて、この法師が(仏を)見申し上げると、人々が言うとおりであ る。
集 古本 説話 集 古本 説話 集 古本 説話

いとほしくいみじくて、 つらく悲しくて、 「わが頼みたてまつりたる観音、助けたまへ。 (私が)高い位(につくこと)を求めたり、立派な宝を求めたりするならばともかく、ただ今日 口に入れて、命が助かる程度の物を探してお与えください。 古文の世界は実に言葉が豊かだと思います。

17
この人に仕えていたのが『枕草子』を書いた清少納言なのです。
集 古本 説話 集 古本 説話 集 古本 説話

紫式部がどういう経緯で『源氏物語』を書いたのかという理由も簡単に示されています。 捕まえてやろう。

平安初期に『日本霊異記』が書かれ、次いで平安中期には『日本往生極楽記』『三宝絵詞』『打聞集』などが成立している。 こうなっては、若君も「もうだめだ」と思ったが、(その鬼は)近くにも寄ってこずに走り去ってしまった。
集 古本 説話 集 古本 説話 集 古本 説話

この女に取らせし小袴、 この女に与えた丈の短い袴を、 仏の御肩にうち掛けておはしますに、いとあさまし。

8
聞くところによれば、生物は皆、前世では自分の父母であ る。 一方、世俗説話は右以外の世事一般にかかわる説話で、上は皇族・貴族の公的な場、私的生活の中での言動や事件、漢詩文・和歌にかかわる話、下は 都鄙 ( とひ )の一般民衆・僧侶・乞食・盗賊に至るまでの者の日常生活の中での種々さまざまの出来事の一つをとらえて語るものである。
集 古本 説話 集 古本 説話 集 古本 説話

聞けば、「この寺に籠もりたりし聖はいかになり給ひにけん。 など仏を損なひ給ひけん」と言ふ。 今回はそんな話を1つ説明させてください。

16
「非常におかしなことだ。 」と言う。
集 古本 説話 集 古本 説話 集 古本 説話

妻、にくげなることどもを言ひつづくるに、. 同じ木を切り食ふものならば、柱をも割り食ひてんものを。

20
もちろん、現代文だけでなく、古文、漢文の授業もしました。