カーヒル 大尉。 クリム・ニック

大尉 カーヒル 大尉 カーヒル 大尉 カーヒル

MSなどの各部位に配備し、余剰出力を発光することで放出する。

19
スリリングすぎるから見なくいい! 第6話:強敵、デレンセン #何気なくクリムの後ろに佇んでるけど、この面インパクトありすぎ。 だがそこがいい…!のか? 「やっぱり、突撃娘って人かァ…!」 (ベルリ) メガファウナの護衛より出撃を志願するアイーダを見て。
大尉 カーヒル 大尉 カーヒル 大尉 カーヒル

ガヴァン隊の動きを察知するメガファウナだが、密かに接近していたマスクがマニィと共に乗り込んできた。 マッシュナー・ヒューム 声 - ドレット軍の中佐。

以下、適当にポージング。 自由落下してしまったクリムのモンテーロに気づくと、救出に向かい、メガファウナへの帰還を果たす。
大尉 カーヒル 大尉 カーヒル 大尉 カーヒル

第14話 - 第15話 交渉団は聖堂でグシオン、ウィルミットとの会議を行い、トワサンガ政府から地球上の各国政府宛の要望書を提出、グシオン達は受領する。 本人には言わないが、マニィはマスクがルインだと気づいていた。 出自に強い劣等感を抱えており 、能力を示しクンタラへの差別を覆したいと望む。

16
次回、Gのレコンギスタ「マスク部隊の強襲」。 アイーダがその死を受け止めるよりも早く、戦争は最終局面へと突入していく. また、同じく第26話にて『』に登場した「」を発動する描写がある。
大尉 カーヒル 大尉 カーヒル 大尉 カーヒル

それが出来たのは、Gセルフの 高トルクパックの性能のおかげではなく、僕のアイデアがあったからだ! 次回、Gのレコンギスタ「テリトリィ脱出」。 眼鏡の中年男性。 関連項目 関連記事 親記事 pixivision• 名(迷)台詞 [ ] 「ジャベリンありがとうね!」 第3話。

12
メガファウナに帰還したベルリは、アイーダを姉として受け入れる努力を続けていた。 マッシュナーはクノッソスの待避を命じるが、ノウトゥ将軍の旗艦ギニアビザウは撃沈される。
大尉 カーヒル 大尉 カーヒル 大尉 カーヒル

アーミィのマスク部隊はジット団のフルムーン・シップと接触、ジット団もレコンギスタを円滑に進めるため、互いの利害が一致し同盟を組む。 遺児達の行方を探し当てたいと考えたロルッカ達は、建造したYG-111(G-セルフ)がドレット軍の事前偵察用に採用されるとパイロットのラライヤにも教えない性能を仕掛ける。 未熟であったもののMS戦経験を重ねる中で操縦技術を急成長させており、対峙したロックパイには旧世紀の伝説の「」を思い起こさせた。

3
ミラジやフラミニアと共にメガファウナに乗ってビーナス・グロゥブへ旅し、再び地球圏へ戻る。 近づくことはタブーらしい。
大尉 カーヒル 大尉 カーヒル 大尉 カーヒル

アイーダは、がれき掃除にかこつけてトワサンガから逃げ出す算段をしたいとドニエルに提案。 クンパは政争の火種となるベルリとアイーダを再度呼び寄せたロルッカを非難し、ロルッカは地球の急激な技術進歩はクンパの所業だろうと非難する。 各種バックパック 没となり実現しなかったものの「7つのバックパックが合体してのような形態になる」という案があった名残で、合体を想定したデザインとなっている。

8
マスクのMS隊はサラマンドラの撃沈を目指し、 フォトン・アイを装備した誘導弾で攻撃したが、「 アサルトパック」を装備したG-セルフの長距離狙撃に阻まれる。 そこへ、G-セルフを敵とみなしたカーヒルが猛攻を加えてくる。
大尉 カーヒル 大尉 カーヒル 大尉 カーヒル

前線に補給に現れたアメリア軍総監グシオンが、アイーダの父だと知り驚くベルリ。 センターリングにはドレット艦隊の基地のアパッチ軍港があり、ドレット軍の中枢となっている。

14
キャピタルタワーに独占されていることをやめさせたかったのです」 (アイーダ) 「フォトンバッテリーの配給をスコード教によって統制しているのは、. グシオンはベルリに搬送してきた「 トリッキーパック」を使うよう指示する。 アイーダは屋敷の子供部屋で実の両親の写真を見つけ涙する。
大尉 カーヒル 大尉 カーヒル 大尉 カーヒル

そして「宇宙からの脅威」について法皇に尋ねるウィルミット。 トワサンガにやってきたベルリとアイーダには出自を教えた。 ケーブル間に発生させたMMFという場の力によりケーブルの指定位置に固定され、ミノフスキー・クラフトで滞空している。

4
G-セルフを動かせる3人のうちの一人、ラライヤに興味を持ったクリムは言葉巧みにそそのかすと、ラライヤにG-セルフを操縦させて、発進させてしまう。 色はピンク。
大尉 カーヒル 大尉 カーヒル 大尉 カーヒル

ひざ裏近くまでの長い金髪を持つ。 以後メガファウナの各作戦で積極的に働く。 第18話でマスクのG-セルフ鹵獲作戦の一環でメガファウナへ来たが、デッキでMS戦が始まり艦の奥に避難していた間にメガファウナがビーナス・グロゥブへと出発してしまいガランデンに戻れなくなった。

3
第21話でジット・ラボで試験・調整を行っていた機体を、マニィとノレドが奪いメガファウナへと持ち込んだ。