コア コンピタンス。 コアコンピタンス経営とは?競争力の源泉となる技術を見つけて育てる経営

コンピタンス コア コンピタンス コア コンピタンス コア

「コアコンピタンス」は多くの「コア製品」のベース技術になっている• どれだけ新しいものでも他社に模倣されてしまえば、市場での優位性はすぐに失墜します。

ソニーの小型化技術• トランジスタを開発することができれば、当時は画期的だった高性能な小型ラジオの開発ができ、まさに井深の理想としていた高級受信機を製造するための足掛かりとなるものでした。 最終的に医療分野や高機能材料など、いくつかの事業に参入することに決める。
コンピタンス コア コンピタンス コア コンピタンス コア

多くのケイパビリティの中で、自社の経営に核にできる強いものがコアコンピタンスです。 応用力は、長期的な視点でコアコンピタンスを捉える重要な視点となっています。 ステップ2:顧客便益を提供するのに必要な自社の技術・能力を徹底的に高める 自社の保有する経営資源には限りがあり、豊かな経営資源を確保する企業であっても、広範囲にわたる技術や能力を高めるために経営資源を分散して投入するのは得策であるとはいえません。

名古屋校• コアコンピタンス分析のやり方 コアコンピタンス分析を行えば、自社や他社のコアコンピタンスを特定できるようになります。 この 味の素の「アミノ酸関連の技術」はコアコンピタンスの有名な成功例です。
コンピタンス コア コンピタンス コア コンピタンス コア

コア製品で天下を取る この「コア・コンピタンス経営」という論文では、1980年代に日本企業が世界中の企業をなぎ倒していった理由が研究されています。

10
「コアコンピタンス経営」を実践するためには、• 地道な学習が経営を大きくしてきたはずの従来の現場の方法は、急激な転換を求められる状況になった場合に、『容易に変えることができない要素』として、転換自体を阻害してしまうケースもあります。 1 顧客に何らかの利益を感じてもらえる能力 2 競合に真似されにくい能力 3 複数商品や他の市場に汎用できる能力 では、具体的にどのような能力がコアコンピタンスになり得るのか。
コンピタンス コア コンピタンス コア コンピタンス コア

コア・コンピタンス経営 コアコンピタンス経営とは、1990年にミシガン大学のC・K・プラハラッド教授とロンドン・ビジネススクールのゲイリー・ハメル教授によって書かれた「」という論文によって広まった経営の考え方のことです。

()と ()が Vol. また複数の市場や商品に応用できる能力であるため、複数事業の展開により環境変化の影響を最小限に抑えることが可能です。
コンピタンス コア コンピタンス コア コンピタンス コア

模倣可能性 Imitability 他社が真似できる可能性のことを指しています。 ビデオ• 顧客にとって価値ある、他社では真似できない旨味を届け、調味料として市民権を得ました。

20
幅広い展開が期待できる といった視点のこと。 強みの洗い出し• また、80年代に外で音楽を聴くためには大きなラジカセを持ち運ぶ必要があり、ウォークマンは価値ある画期的な商品だったのです。
コンピタンス コア コンピタンス コア コンピタンス コア

戦略設計図は新しい企業力を獲得したり、既存の企業力と調整したりし、顧客との接点を作り直す目的を持つ• テジタルカメラや携帯電話カメラが台頭し、写真フィルムの需要が急速に減少したことが原因である。 代替可能性(Substitutability)• 以上の3つの条件を照らし合わしながら自社の核を見極めましょう。 目標に到達するためにはゴールに向かうための道筋が必要になり、両氏はこの道筋を 戦略設計図と呼びました。

5
「コアコンピタンス」の定義者は2人の経営学者 「コアコンピタンス」を定義したのは世界トップクラスの経営学者「ゲイリー・ハメル」と元ミシガン大学大学院の教授を務めた「C・K・プラハラード」の二人です。 を整理する 全ての項目が埋まったところで、最後に、 はどこにあるのかをチェックします。
コンピタンス コア コンピタンス コア コンピタンス コア

そして、1970年に大気浄化法改正法が生まれ、厳しい基準をクリアした自動車しか販売を許可されなくなる。 利益を得られる事業分野では、ほぼ必ず他社も参入するため競争が激化します。 応用の幅があるほど、市場に絶えず素晴らしい商品やサービスを市場に提供し続けられます。

2-1:コアコンピタンスを獲得するための条件 企業がコアコンピタンスを獲得するためには次の2つの条件が求められます。 顧客に価値をもたらすか 強みの評価といった場合、いくつかの視点を用意することが必要です。
コンピタンス コア コンピタンス コア コンピタンス コア

それは、「3.コアコンピタンスを見極める5つの視点」でも述べたとおり、• 顧客に本当の意味で満足や喜びを与えられるものか• 顧客に何らかの利益をもたらす自社能力 最初の条件としてあげているのが、顧客に利益やメリットを与える能力であることです。 コアコンピタンス経営まとめ コアコンピタンス経営をまとめると、• 自分たちが持っているコアコンピタンスを他の市場に生かすアイデアが優れていたことはもちろん、全く違う分野に応用するチャレンジ精神こそが、富士フィルムの凄さだと言えるだろう。

11
コアコンピタンスの選定は、今後の自社の経営に大きく関わる重要な作業の一つです。