本田 宗一郎。 【ホンダ】本田宗一郎が引退を決断した伝説のエピソード

宗一郎 本田 宗一郎 本田 宗一郎 本田

本田宗一郎さんの生きざまに関心がある人• 【こちらも】 ホンダと言えば「特別なクルマを造る会社」と見られてきた。 1906年11月17日、静岡県磐田郡光明村(現在の静岡県浜松市天竜区)で誕生。

16
温かかった。
宗一郎 本田 宗一郎 本田 宗一郎 本田

同社就任。

13
いつの時代でも、年をとったオトナたちよりも若い人たちのほうが偉いんだと思う」 ちなみに、古代ローマ時代の文献にも、 「最近の若い者は…」という記録が残っているそうです。
宗一郎 本田 宗一郎 本田 宗一郎 本田

しかし、本田宗一郎さんの賭けは大当たりし、月産200~300台から始まった新発明の小型エンジン付きの自転車は、月産1,000台にまで達しました。 交通機関が混乱していた戦後の時代にマッチし、バタバタは大好評。 議論するより手を動かそう。

9
そして、小型エンジンを買い集めて自転車に付けて走らせる、おもちゃ感覚の新製品を開発しました。
宗一郎 本田 宗一郎 本田 宗一郎 本田

お近くにお越しの折には、是非お立ち寄りください。 本田宗一郎の名言集 逸話集から、研究熱心で思い切った行動を取るところや、社員思いで温かく、そのうえ統率力のある姿が浮かび上がってきますよね。 近いうちに引退を控えている人• この頃には、ホンダはバイクメーカーとして有名になってはいたものの、あくまで二輪車という狭い分野に限られており、世界レベルで見ると、ホンダは全く無名の存在でした。

15
社長としての顔 従業員は宗一郎のことを「オヤジさん」と親しみを込めて読んでいました。
宗一郎 本田 宗一郎 本田 宗一郎 本田

しかし、興味があるのは授業内容だけだったため、筆記試験をすべて欠席していた本田宗一郎さんは、校長より退学を告げられます。 そのため、よいアイデアが浮かぶと、どんなに深夜でも妻に「紙と鉛筆をもってこい!」と怒鳴りました。 宗一郎は社名に個人の姓を付したことも後悔していた [ 要出典]。

本人曰く燕尾服を持っていなかったためそのような発言をしたとのことである。 若さに対して、理解があったのです。
宗一郎 本田 宗一郎 本田 宗一郎 本田

すると五十日もかかってしまうから、どうしても教えるべきことは全部知っておかなきゃなりません。

10
」 本田宗一郎と藤沢武夫はお互いを認め合う存在でした。
宗一郎 本田 宗一郎 本田 宗一郎 本田

ホンダの創業者 名言 失敗が人間を成長させると、私は考えている。 二人とも、子どもを会社に入れずに、大学卒第一号で入社した生え抜き 河島喜好(45歳)を後継者に据えました。

17
心機一転、やり直せばよいのである。 そのときに本田は「自分には技術が分からなくなったのかもしれない」と思い、社長を退いたという。
宗一郎 本田 宗一郎 本田 宗一郎 本田

1973年、66歳の宗一郎は本田技研工業の社長を退き、取締役最高顧問に就任。 本田宗一郎の名言 私の現在が成功というなら、私の過去はみんな失敗が土台作りをしていることにある。

76歳で取締役も退き、終身最高顧問となる。