東海道 新幹線 撮影 地。 スタジオグラフィックス » 鉄道写真家・遠藤真人の鉄道写真撮影講座第15回 新幹線の撮り方

地 東海道 新幹線 撮影 地 東海道 新幹線 撮影 地 東海道 新幹線 撮影

線路沿いを進んだ先の坂道の脇が撮影地。 勉強になります。

この二つを比べると・・・まず、 シャッターポイントが違うことが解ります。 午前中は先頭に光があたるが、終日逆光気味なので曇りの日が適している 【レンズ】105mm 【アクセス】大垣駅北側ロータリーの先にある大垣駅北口交差点を右折し、5分ほどの国道258号の高架の下を右折すると、行く手にポイントの歩道橋が見える。
地 東海道 新幹線 撮影 地 東海道 新幹線 撮影 地 東海道 新幹線 撮影

この方角だと午前が順光です。 【レンズ】50mm 【アクセス】荒尾駅を出て右方向へ進む。 駅から徒歩約10分。

1
背景に商業施設や看板が見えるが架線柱などで大部分を隠すことができる。 マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。
地 東海道 新幹線 撮影 地 東海道 新幹線 撮影 地 東海道 新幹線 撮影

夏場は草木が生茂っていて視界が遮られることもあるが、運転本数の少なくなった500系が新緑の中を快走する姿は是非押さえておきたい。 終日逆光気味となってしまうが午前中は先頭に光があたる。

6
【レンズ】70mm 【アクセス】養老鉄道の北大垣駅を駅北側の県道231号線を右方向へ。
地 東海道 新幹線 撮影 地 東海道 新幹線 撮影 地 東海道 新幹線 撮影

駅前にレンタサイクルあり。

5
このあたりは丁度新幹線が富士山と平行に走っていくエリアになっています。 下り坂を進みながら約100mほど進んで右折すると東海道新幹線のガード下にぶつかるので、ここを左折した先が撮影ポイント。
地 東海道 新幹線 撮影 地 東海道 新幹線 撮影 地 東海道 新幹線 撮影

線路にカーブがかかっていると、その問題を解決できる構図にできるけん! まとめ 今回はホームタイプ別に、私がこれまで訪れたことのある駅の新幹線の写真を掲載しました。

15
右手にスーパーを見ながら道なりに行くと5分で右に相川にかかる橋があるので渡る。 順光となる正午前後の貨物列車がターゲット。
地 東海道 新幹線 撮影 地 東海道 新幹線 撮影 地 東海道 新幹線 撮影

バックが明るかったのと川の色がなくなっていたためである。 南側周辺が撮影地。 カーブ全体を入れる中望遠、アップなら300mmクラス。

16
こちらからのほうが近いそうである。
地 東海道 新幹線 撮影 地 東海道 新幹線 撮影 地 東海道 新幹線 撮影

車なら東名高速菊川ICから10分。

19
9 木内俊嗣(奈良県) 【ガイド】稲沢駅北方にある大きな跨線橋の歩道より下り列車を捉えるポイント。 小田原駅の14番ホームは良い具合のアウトカーブになっています。