イトーヨーカドー 郡山。 イトーヨーカドー平店/49年の歴史に幕。只今最後の閉店セール開催中&みんなの声

郡山 イトーヨーカドー 郡山 イトーヨーカドー 郡山 イトーヨーカドー

- イトーヨーカ堂ニュースリリース 2011年11月16日• 2002年9月30日• 五十嵐正昭・新津重幸 『ヨークベニマルの経営最強のスーパーマーケット企業』 、2009年3月、93頁。

開店以来、閉店まで広島県内唯一かつイトーヨーカドーの日本最西端の店舗であった。 2010年(平成22年)10月24日に2階・3階部分を閉店、完全閉店までは食料品売場のみの営業となった。
郡山 イトーヨーカドー 郡山 イトーヨーカドー 郡山 イトーヨーカドー

せんげん台店(大字上間久里 、(昭和51年)11月開店 - 2006年(平成18年)1月15日閉店、2009年(平成21年)11月20日建替開業 ) 売り場面積約2,657m 2 (直営売り場面積約2,607m 2 )、延べ床面積約4,383m 2。 2016年12月2日 2016年12月28日閲覧• 2010年11月21日• 閉店時の従業員数は約150人(正社員・パート合計)。 2020年7月31日• 2002年3月28日• 初代店舗と2代目店舗ともオーナー同一であった。

9
新浦安店(、2000年(平成12年)10月開店 - 2017年(平成29年)5月28日閉店) 2017年6月28日に食品館として場所を移転し営業を再開されたが、2018年4月8日に閉店。 東松山店(筒弓町 、(昭和52年)6月開店 - 2009年(平成21年)4月19日閉店、同年4月24日変更 - 2016年(平成28年)10月30日閉店) 売り場面積約7,382m 2 (直営売り場面積約7,105m 2) 、延べ床面積約20,870m 2。
郡山 イトーヨーカドー 郡山 イトーヨーカドー 郡山 イトーヨーカドー

2005年(平成17年)10月5日に(売り場面積2,705m 2)を核店舗とするが開業したが 、サミットは撤退した。 結局後継店舗が入居しないまま土地・建物の2011年(平成23年)9月2日に4300万円で大東開発へ売却されることになった。 旧せんげん台店跡地に子会社モール・エスシー開発(現在の)が開発した「セブンタウンせんげん台」の核店舗として出店。

12
イトーヨーカドー第1号店ということで、ザ・プライス転換後もイトーヨーカドーの看板が残っていた。 2004年9月4日• 岡山店の閉店で岡山県からイトーヨーカドーの店舗は完全撤退した。
郡山 イトーヨーカドー 郡山 イトーヨーカドー 郡山 イトーヨーカドー

閉鎖翌年の1989年(平成元年)6月29日に郡山市西ノ内に「」の核テナントとして移転開業。 (取得額14億8000万円) 2013年(平成25年)7月15日から2014年(平成26年)2月末までの期間で1階部分にスーパーマルモ(店舗面積260m 2)など38店舗が営業する『ウララマルシエ』(店舗面積2,240m 2)が営業を行っているが 、市役所移転後にも食品売り場の設置を求めることが多いことから 、地下1階には大手スーパー「カスミ」が入居し、地上1階と2階には地上喫茶店や観光物産館などが新規に入る商業施設も同居する形となった。

13
その後、、、が入居している [ ]。 店舗跡はドン・キホーテのグループ会社が取得し 、運営による「MEGAドン・キホーテ新川店」が2013年(平成25年)12月5日に開店した。
郡山 イトーヨーカドー 郡山 イトーヨーカドー 郡山 イトーヨーカドー

2006年9月21日• 店舗跡のテナントには等が入居したが、藤越は2008年(平成20年)8月末に撤退し、同年9月に運営母体の協同組合植田ショッピングセンターが民事再生法の適用を申請して事実上倒産した。 2009年(平成21年)3月20日に 「ザ・プライス鎌ケ谷店」へ転換した。 南海堺駅前に出店しており 、東口から約200mにあった。

地域調査報告 第11号 筑波大学地球科学系人文地理学研究グループ 1989年3月. 2013年11月20日• 中部地方 [ ] 山梨県 [ ]• 小山店(駅東通り2-3-15、2021年(令和3年)2月23日閉店) 群馬県 [ ]• 開店してからは年々売り上げは減少していった。
郡山 イトーヨーカドー 郡山 イトーヨーカドー 郡山 イトーヨーカドー

1998年5月18日• 食品館倉敷店(寿町12番2号、2011年(平成23年)11月25日開店 - 2016年(平成28年)8月31日閉店) の跡地に開店したの核店舗であったが、イトーヨーカ堂の不採算店舗整理の対象となったため、5年弱で閉店となった。

19
店舗跡はM2プラザ四街道 (2代目)四街道店は四街道都市核北土地区画整理事業地内5街区に2005年(平成17年)3月30日に開店した。
郡山 イトーヨーカドー 郡山 イトーヨーカドー 郡山 イトーヨーカドー

(初代)帯広店(西三条南9丁目 、1975年(昭和50年)4月26日開店 - 1998年(平成10年)11月9日閉店 「」も参照 帯広地方裁判所跡地に帯広市が建設した立体駐車場や と一体的に設計された 鉄骨鉄筋コンクリート造り地下1階・地上6階建てのビルに出店していた イトーヨーカドーの北海道1号店である。 大麻店(大麻中町26 、1980年(昭和55年)9月開店 - 1992年閉店) 売り場面積約2,850m 2。

17
閉店後、店舗を建替の上2016年(平成28年)4月22日に「食品館イトーヨーカドー三ノ輪店」を開店。
郡山 イトーヨーカドー 郡山 イトーヨーカドー 郡山 イトーヨーカドー

1990年2月21日• 緒方知行 西村哲 『イトーヨーカドーの経営 "伊藤語録"と高収益体質の秘密を探る』 、1978年2月。

3
さらに2006年(平成18年)には沿いにが開店したことに伴い、に再度改称している。 2011年9月22日• 2008年9月4日• 閉鎖後解体され、駐車場となっている。